HACCP管理システム「はさっピー」

長野県食品衛生協会北アルプス支部監修・推薦

       

HACCP管理システム「はさっピー」は、厚生労働省HPに公表されているHACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書に基づいたシステムです。

HACCPとは

HACCPとは「Hazard(危害)」「Analysis(分析)」「Critical(重要)」「Control(管理)」「Point(点)」の頭文字をとったもので、製品の安全性確保を目的とした工程管理システムです。原材料入荷から製品出荷に至る全工程において、危害要因(食中毒菌汚染や異物の混入など)を分析し、これらの防止において特に重要な工程を監視・記録します。HACCPは、国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格 (コーデックス) 委員会から発表された国際的手法です。

平成30年6月13日公布の改正食品衛生法により、2021年、HACCPに沿った衛生管理が完全義務化されます。


HACCP管理システム「はさっピー」ってこんなシステムだよ!

当システムの対応範囲:小規模事業者(従業員数が50名未満で、一般衛生管理の対応範囲内の業種・※従業員数:アルバイト・パートタイマー含む。)


操作の説明について

操作説明の動画はこちら